愛媛県西条市にある四国鉄道文化館で0系新幹線の運転席に座ってきた

今回はオススメのお出かけスポットを紹介。

 

愛媛県西条市のJR伊予西条駅には、四国鉄道文化館(以下文化館)という施設が併設されています。

本物の0系新幹線や蒸気機関車が展示されているということで、行ってみました。

展示されている車両の客席や運転席に入ることもできるので、鉄道に詳しくない私でも、かなりテンション上がりました。

鉄道好きと昭和レトロ好きの方は行ってみるべし

どこにあるの?

愛媛県西条市にある、JR予讃線伊予西条駅の東側にあります。

駅から出て右に、徒歩約1分の距離です。

 

入場料は大人一人300円

個人的には展示内容の割にかなり安いと思います。

定休日は水曜日、開館時間は午前9時から午後6時まで、最終入場は5時30分です。

展示されている車両

文化館は、予讃線の線路と挟んで北館と南館に別れています。

線路をまたぐ「ぽっぽ橋」という陸橋を通って北館と南館を移動することができます。

それぞれに展示されている車両の写真をバババーっと紹介しますね。

北館

0系新幹線電車

かつての夢の超特急、0形新幹線です。

運転席にも座れますよ。

鉄板でできた計器のパネルは重厚感抜群です。

スイッチとかメーターもすごくシンプル。

速度計は260km/hまで刻まれていました。

客席はこんな感じ。

DF 50形ディーゼル機関車

この車両も運転席に座れます。

新幹線も、後ほど紹介する蒸気機関車など、どの車両もそうなんですが、昔の車両は鉄板が波打ってる感じとかペンキがてかてか光っている感じが味があっていいですね。

運転席です。




南館

C 57型蒸気機関車

蒸気機関車は動輪の大きさにびっくりしました。

キハ65形急行用気動車

これは運転席には入れませんでした。

客席。

この車両の面白いのは下の写真の矢印のところ。

なんと栓抜きがついています。

館内に瓶の自販機があるので、車内の栓抜きで実際に開けることもできますよ。

DE10形ディーゼル機関車

これも中には入れませんけど、間近で見て触れます。

フリーゲージトレイン第二次試験車

カワサキ製です。




他の展示品

他にも車輪や信号、標識や列車の模型、ジオラマなんかも展示されていました。

他の展示品は行ってみてのお楽しみ。

本物車両にテンション上がる

伊予西条駅の前にバイクも停められるので、ツーリングで近くに行った時には寄ってみてもらいたいですね。

子供を連れて行っても喜ぶと思いますよ。

あまり広い施設ではありませんが、展示物一つ一つが濃いのでじっくり楽しむことができます。

今回は閉園の1時間前に入ったのですが、1時間では足りませんでした。

 

国鉄時代の車両に座り、昭和の時代に思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード
おでかけの関連記事
  • 南ぬ島石垣空港から石垣市内までは直行バスが安くて便利
  • 自動販売機で天ぷらうどんを買ってみた
  • 愛媛県西条市にある四国鉄道文化館で0系新幹線の運転席に座ってきた
  • ウサギ好き必見!広島県の大久野島はウサギだらけ
  • 隠れすぎ!南ぬ島石垣空港の隠れ家カフェ『ゆうなパーラー』
  • 石垣島で飲みすぎたら、翌朝は『とうふの比嘉』でゆし豆腐を
おすすめの記事