【レンタルもできる】高級時計を持つということ

今回は時計の話を。

 

あなたは時間をどうやって確認していますか?

最近は腕時計を付けずに、スマホで時間を見るという方も多いのではないでしょうか。

 

私はというと、高校生の頃から腕時計を使っています。

今も何本か腕時計を持っているのですが、5年前に一生モノの時計が欲しいと思って買った機械式の高級(と言っていいと思います)腕時計を紹介します。

タグ・ホイヤー カレラ

私の時計はこちら。

タグ・ホイヤーのカレラという時計です。

同社の看板モデルと言ってもいいでしょう。

 

文字盤の9時方向に「FUJI SPEEDWAY」と書いていますが、この時計は富士スピードウェイとのコラボモデルで、400本限定で販売されたモデルです。

常設モデルのカレラはこちら。

カレラの中でもいくつかモデルがあるので探してみてください。

一生モノというからにはお高いんでしょうね

mauriciodss / Pixabay

高級時計の線引きというのは明確なものは無くて、5万円でも高級と感じる人がいれば、100万円でも高級時計には入らないという時計好きの人もいるだろうしで、なんとも曖昧なものです。

 

私がタグ・ホイヤーを買ったのは5年前、26歳の頃でしたが、当時の感覚では30万円を超えたら高級時計かなと感じてました。

そこで、この記事では普通のサラリーマンでも頑張れば手が届く30万〜100万円台の時計を高級時計と定義しますね。

下の境界は曖昧、上を見れば4桁万円、億超えの時計もあってキリがないですから。

 

ちなみに私のカレラは54万8,000円でした。

並行輸入のものは何割か安く売っているのですが、正規品を買ったので定価です。

というのも、限定モデルなので正規品しかなかったんですよね。

 

高級時計の魅力

高級時計はほとんどが機械式ですから、機械式時計の魅力も兼ねていくつか挙げましょう。

電池も充電も不要

機械式時計はゼンマイを巻いて、ゼンマイが緩む力を利用して駆動します。

ですから、構造上電気を必要としません。

面倒と言えば面倒なんですけど、大した手間ではなくて、慣れればゼンマイを巻いて時刻を合わせるのが楽しくなります。

一生どころか次の世代にも受け継げる

なんども一生モノと言っていますが、機械式時計はきちんとしたメンテナンスさえしていれば、一生どころか、子や孫にまで受け継ぐことができます。

もし壊れたとしても、内部のメカの故障であれば修理が可能で、アンティークの時計だったとしても全国に職人さんがいますので、復活できます。

戦車で踏まれてバラバラになったとかなら無理でしょうけど・・・

美しい仕上げ

文字盤の周りの光沢とバンドのつや消しのコントラストが気に入っています。

だいぶ傷が入ってますけど。

袖からチラリと見える美しいメッキを見れば、一目で高級時計とわかりますね。

時計に詳しくない人からも、「その時計何?」と聞かれたことが何度もあります。

 

写真ではわかりづらいですが、この時計の文字盤ガラスは緩やかなドーム状になっています。

平面のガラスだと光の反射で針が見づらいことがあるのですが、ドーム状だとどの角度からでも時刻がはっきりと見えるというのもいいところ。

シースルーバックから覗くメカの美しさ

高級時計の中には、裏蓋がスケルトンになっているものもあります。

私のカレラもそうなんですが、ここから内部のメカが動いているのが見えるんですよ。

これを見ながら酒を飲むのもまた一興。

男性が着けられる唯一のアクセサリー

女性は指輪、イヤリングなどのアクセサリーを着けることは社会的に許容されていますけど、男性は、特に仕事の場においては着けられませんよね。

そこで、男性の唯一のアクセサリーとなるのが時計なんです。

Free-Photos / Pixabay

取扱店の接客

高級時計と関係あるような無いような、私がカレラを買った店の店員さんの話です。

インターネットで時計について色々調べていて、タグ・ホイヤーを候補に決めて、本物を見せてもらおうと時計屋さんに行ったんですよ。

そんで、店員さんに勧めてもらったのが白い文字盤で3針のカレラで、実際に着けさせてもらいました。

その日は踏ん切りが付かず、買わずに帰ったのですが、半年くらい経ってからやっぱり買いたいと思って同じ店に行ったんですね。

店に入ってまたタグ・ホイヤーのコーナーに行くと、前回と同じ店員さんが「前回ご提案させていただいたものをお出ししますね。」と言って、半年前と同じ白い文字盤のカレラを出してくれたんです。こちらからは何も告げてないのにですよ。

半年も前にふらっと店に寄っただけの人のことを覚えているということに、私は心底びっくりしました。

2回目の訪問は初夏だったのですが、さらにその店員さん、私の手首の日焼け(グローブとライジャケの袖との間だけ焼けている)を見て、「バイク乗るんですか?」と聞いてきて、それも驚きでした。

やっぱり高級時計を買うような人を相手にする店員さんはお客さんのこともしっかり覚えているし、よく見ているなと感心させられましたね。

ちなみに店員さんもライダーらしいです。

 

余談でした。

いざという時の換金性

高級時計、中古でも売ればある程度の値段が付きます。

私と同じカレラも、ネットオークションで20万円台で出ていました。

どうしてもお金に困った時、時計が助けてくれます。そんな事態には陥りたくないですが。

海外に行くとき、左手に高級時計をはめておけば、もし財布をすられて無一文になっても、帰国資金くらいは何とかなるんじゃないかなあ。知らんけど。

 

モデルによっては、買った時よりも高くなることもあります。ロレックスのデイトナとかね。

無金利でローンが組める(ことが多い)

高級時計はローンで購入することができます。

さらに、無金利のキャンペーンをやっている店も結構あります。

金利がかからないとしたら、一括で買う理由がないですよね。買えるだけのお金があったとしてもですよ。

私が買った時は60回まで無金利だったので、ローンを組みました。今年の6月に終わります。

 

借金を嫌う人は多いと思うのですが、ローンについての私の考えはこちらの記事をご覧ください。

バイクと車はローンで買うべき3つの理由
2019.3.20
車やバイクは大きな買い物ですから、大きな出費が伴います。 そこで考えるのがローンを組むか否か。 私は今まで所有した車、バイクのほとんどをローンで購入しています。 理由は以下。...

車の話として書いていますけど、時計も同じです。

サラ金なんかは使っちゃダメですけど、金利が低い、もしくは無金利のローンについては無理のない範囲で利用するべきです。

手元の現金は多いほうがいい。

機械式時計のデメリット

機械式時計のデメリットも挙げておきます。

維持費がかかる

機械式時計は5年に1回くらいオーバーホール(分解整備)が必要になりますが、これが結構高い。

私が買った店は、タグホイヤーだと確か4万円くらいだったかと思います。

時計によりますが、数万円はかかります。

60回払いで買って、完済したタイミングで1度目のオーバーホールに出すという人が多いそうですよ。

 

また、修理も高額です。

実は私のカレラもムーブメント(中のメカ)が故障して修理に出したのですが、返ってきたときにもらった明細書を見たら、工賃が4万円台でした。

保証期間内だったので無料で直してもらいましたが、自費だと結構きついですね。

 

ただ、きちんとメンテナンスさえしていれば何年でも使えるので、一生モノと考えたら許容できるかなと。

毎月1,000円ずつ貯めておきましょう。5年で6万円貯まります。

放っておいたら止まる

機械式時計は、ゼンマイが戻り切ると動かなくなります。

長くても2日放っておいたら止まっています

私のカレラも毎日は着けないので、着ける時には毎回ゼンマイを巻いて、電波時計を見て時刻を合わせています。(じゃあその電波時計を着けろよというのは野暮だぜ)

確かに面倒ですけど、スマートウォッチの充電の方が時間かかるし面倒だと思いますよ

クオーツに比べると精度は悪い

今時計はクオーツが主流です。

機械式はクオーツ時計に比べると精度は悪いです。

とは言っても、大きくても一日に数秒のズレなので、致命的な精度ではありません。

むしろ、メカの動きだけでほぼ正確に時を刻んでいることに感動します。

デリケート

機械式時計は衝撃に弱いです。

あと、気をつけなければならないのが磁気ですね。スピーカーとか注意です。

あまり神経質になる必要はありませんが、スマホやパソコンの磁気も影響があるそうなので、これらの上には機械式の時計は置かないようにしましょう。

とは言っても、時計を着けた手でスマホを操作するくらいなら問題はありません。

高級時計を持つということ

私の世代以下の人は「いい車!」「いい時計!」みたいな思考を持っている人は少ないようですね。

ネットやテレビを見れば、「時短」「効率」「ライフハック」なんて言葉が頻繁に目に入ります。効率重視の世の中なんですかね。

電波時計を見て時刻を合わせるなんて効率が悪い、言わば無駄で手間のかかる行為なんですけど、無駄や手間こそ贅沢で楽しいんですよ。

この感じ、バイクに乗る人ならわかってもらえるのではないでしょうか。

ただの移動ならばタクシーを使う方がはるかに効率はいいんですけど、バイクを運転する目的って移動じゃなくて運転という行為そのものじゃないですか。

目的地に行くまでの過程が楽しいんですよね

機械式の時計も同じで、ただ時間を確かめるだけじゃなくて、ゼンマイを巻く、時刻を合わせる、日付を合わせるという工程にがあるんです。

 

ちょっと意識の高い人だと「モノより経験にお金を使おう」などと宣っている人も見かけますけど、時計にまつわる趣を経験をするためには時計という「モノ」が必要でしょうよ。

 

確かに高いし必需品ではないんですけど、いい時計が刻む時間を過ごすのもいいもんですよ

高級時計を着けてみたい人にオススメのサービス

高級時計を持つことをおすすめしてきましたけど、やっぱり値段がネックで買う決心がつかないという人も多いでしょう。

そりゃそうです。バイク1台買えるような値段ですもん、時計1本が。

 

また、候補が多すぎて決められないという人もいるのでは。

私も一生モノと思ってカレラを買いましたが、やっぱり他の時計も着けてみたいと思うことがあるんですよね。

店員さんに勧めてもらった白い文字盤のカレラも素敵でしたし、もうちょっと上の価格帯のゼニスとかウブロとかも着けてみたい。

 

そこで、高級時計をレンタルできるサービスを最後に紹介しておきます。

それが、KARITOKE(カリトケ)というサービスです。

カリトケは、ロレックス、オメガ、ブライトリングなどの高級時計をレンタルできるサービス。

時計のランクによって、4つの料金プランが用意されています。(いずれも税抜き価格)

グッチやブルガリなどのファッションブランドの時計が中心となったプランです。

時計メーカーではハミルトンがラインアップされてます。

私のオススメは、このスタンダードプラン

オメガのスピードマスター、シーマスター、タグホイヤーのカレラなど、定番のモデルが数多く用意されています。

この記事で定義した高級時計は、このプランの時計からになると思います。

プレミアムプランになると、IWCや、皆さんご存知ロレックスも選択肢に入ってきます。

スタンダードプランよりも月額プラス3,000円、一日100円上乗せするだけで、ワンランク上の時計を身に付けられます。

エグゼクティブプランはお値段が一気に跳ね上がりますが、それに伴って時計の格も上がります。

ジャガールクルト、フランクミュラー、ブレゲ、ウブロなど、買おうと思ってもなかなか手が出せない価格帯の時計が勢揃い。

写真を見ているだけでも楽しくなります。

おわりに

高級時計を持つのもいいもんだよ、というお話でした。

買うとなるとなかなかハードルが高いですが、なん十万円もする時計が、カリトケならば月に数千円でレンタルができますので、高級時計ってどんな感じなんだろうと興味を持った方は、試しに1本借りてみてください。

借りて使ってみると、自分の1本を買いたくなると思います。

  • 【エイジング】アブラサスの小さい財布ブッテーロレザーエディションを1年使った感想
  • 【レンタルもできる】高級時計を持つということ
  • 賃貸住まいのバイク乗りは一戸建て借家を選べ!
  • 料理好きのガスコンロはリンナイのVamo.(バーモ)一択
  • 広告が消えるだけじゃない! YouTubeプレミアムに加入してみた
  • 【容量実質無制限】引越しが多い人のインターネットはWiMAX一択
おすすめの記事
VAPE電子タバコ『VP one』をレビュー
ガジェット
※注意 喫煙に関する内容です。20歳未満の人の喫煙は、未成年者喫煙禁止法で禁止されています。 私は喫煙者です。煙たくてごめんなさいね。 20...
初めてのバイクは何ccにすればいいのか
バイク
初バイクの選び方はこれまでにも記事にしているんですけれども。 選び方は指南したのですが、結局最終的な選択は丸投げしているような気も・・・ そ...