【一括査定】車をディーラー下取り額の8割増で売る方法

車関係のホームページやブログを見てたらあるじゃないですか。

新車情報とか車関連の記事の最後に「あなたの車の本当の価値を調べましょう」みたいな文句で中古車の一括査定のサイトに飛ばされるやつ。

アレを、今から1年前に体験してみました。

その結果、ディーラー査定額よりも8割増しの価格で売ることができました

 

申し込みから査定、車の引き渡し、入金までの経過を書いてみます。

売った車はこちら

2007年式 E90 BMW 335i Mスポーツ

色 ブラックサファイア

走行距離 約72,000km

新車価格約700万円、5年落ちの認定中古車を乗り出し298万円で購入し、約4年所有。

 

今見てもかっこいいな。

ディーラーでの下取り価格

BMWディーラーで新車の見積もりをした時の見積書の写真です。

下取り価格は50万円でした。

 

同じ日に、アバルトのディーラーで124スパイダーの見積もりをしてもらいました。

ここでも査定してもらったのですが、下取り額は確か30万円台だったと思います。

アバルトの営業マンからは、「ウチは買取には力を入れていないので、買取専門店に売った方が高く売れると思いますよ。」とはっきり言われました。

 

BMWディーラーの50万円でもちょっと安いなぁということで、インターネットの一括査定に申し込んでみることに。

申し込み

今回使ったのは、カーセンサー.net簡単ネット査定です。

パソコン、スマホから申し込みができます。

 

まずは車の

  • 車種
  • 年式
  • 車のタイプ
  • 事故歴
  • 郵便番号

を入力し、「申し込みスタート」のボタンを押します。

 

次のページで、画面右上に郵便番号の地域で出張査定可能な買取業者が表示されます。

 

初めは全ての業者にチェックが入っている状態ですので、多すぎたら申し込む業者以外はチェックを外してください。

ここである程度絞っておかないと、業者からバンバン電話がかかってきます。

 

次に、画面左側の

車の年式やグレードなどを入力し、続いて氏名や連絡先も入力。

何も難しいことはありません。

2分もあれば入力完了

 

そして、下の「確認画面へ」のボタンをクリック。

入力内容の確認画面へ移行しますので、間違いないか確認して「同意して申し込む」ボタンをクリックすれば申し込み完了です。

いきなり電話が!

申し込み完了後は、買取業者と直接連絡を取り、査定の日程を決めることになります。

インターネットで申し込み完了した直後、早速1社目電話がかかってきました。

早い!

後で査定に来てもらった時に聞いたのですが、電話によるアポから買取業者間の競争が始まっているそうです。

どの業者も電話でアポを取るそうなのですが、3社目、4社目になると電話を取ってもらえないそうです。

 

他の2社も、その日のうちに電話がかかって来て日程を決めました。

メールで連絡が来る業者もあるようです。

査定の結果

私が住んでいる地域では3社が出張査定可能ということでしたので、3社に申し込みました。

結論から言うと、各社の査定額は以下のとおり。(査定に来てもらった順に、A社からC社とします)

  • A社 当初85万円。交渉して最終価格90万円
  • B社 75万円から頑張って80万円台と曖昧な回答
  • C社 当初80万円。交渉して最終価格85万円

やはりどの業者もいきなり最高額は出してこないようです。

 

日程の都合でA社とB社は同時に来てもらいました。

ライバルですから、2社の査定士さんの間でかなりピリピリした空気が流れていたのが印象的です。

 

A社の査定士さんはローンの残債処理や自動車税の還付などについて丁寧に説明してくれました

査定額も一番高かったのでA社に売ることに決定。

交渉して90万円に上がるまでに、査定士さんが会社に何度か電話していました。

後日、C社の査定も予定していたのですが、A社の査定士さんは「C社が1円でも高かったらウチはキャンセルしてもらって構いません。事故、水没以外は違約金も発生しません。絶対にウチの査定額が最高です。」と言うので、ここで契約書を書くことにしました。

↓クシャクシャになってますけど、査定額が記された契約書です。

 

B社はその場ではっきりとした査定額を出してくれませんでした。

全般的に説明も曖昧で、あまりいい印象はありません。

最終的に後日電話で査定額を連絡しますと言い残して帰って行ったのですが、その後電話がかかってくることはありませんでした。

中にはこういった業者もあるようです。

 

A社と契約済みでしたが、もしかしたらより高額の査定額が出るかもしれないと思い、後日C社にも査定に来てもらいました。

最後までA社の査定額は伝えなかったのですが、交渉した結果最終的に85万円とのことでした。

車の引き渡し

査定日に契約書を交わし、引き渡しと入金の日程を決めます。

引き渡しまでに用意したのは印鑑証明だけでした。

引き渡し当日、必要書類の記入と押印をして、積車に乗せられて運ばれていくBMWとお別れしました。

入金

引き渡しから数日後、指定した銀行口座にお金が振り込まれます。

今回売った車はローンで買っていて残債があったのですが、返済もA社が代行してくれて、残債を差し引いた金額が入金されていました。

査定額が残債を下回る場合には、差額をA社に支払えば返済を代行してくれるのだったと思いますが、ここら辺は記憶が曖昧です。

業者によっても扱いが違うと思いますので、確認が必要です。

自動車税については、県から郵送で通知が届き、銀行で還付してもらいました。

お金のことは重要なので、査定日に契約書を書くまでに、納得できるまでとことん聞いておきましょう。

一括査定はオススメできるか

本当に車を手放す予定がある方にはオススメできます

私もディーラーの下取り額を大きく上回り、ほぼほぼ納得できる価格で売ることができました。

ただし、オススメできるのはもしも査定額に納得できなかった時に「売りません」とはっきり断れる方限定です

 

というのも、買取業社の方も時間を作ってはるばる遠方から来てくれるわけで(C社は県外から来てくれました)、来たからには商談を成立させなければなりませんので、そう簡単には引き下がりません。

ノルマもあるでしょうからね。

かなりゴリ押ししてきますので、これを断るのは結構神経をすり減らします。

 

納得できない査定額ならば断っても全く問題ありません。

実際、私も3社に申し込んだわけですが、車は1台しかありません。

2社は断らなければならないのですから、その辺りは業者も想定しているはずです。

はっきり「ノー」と言いましょう。

はっきり言わないといつまでも帰ってくれませんよ。

業者の押しに負けて納得できない価格で車を手放すことになれば後味が悪いですからね。

 

これができる方には激推しします。

一括査定はやらないと損です。

というかやらない理由がない

高確率で高く売れるんですから。

ほぼほぼ勝てるのになぜ戦わない?

 

現に、私が査定してもらった業者は全てディーラーの下取り額より高い査定額(最低でも20万円以上)を提示しています。

1万円や2万円の話ではなく、何十万円の差ですからね

多少時間はかかりますが、かけた時間と査定額を考えると時給何万円なんだって話ですよ。

差額で次の車のオプションを充実させたり頭金を増やすも良し、旅行や食事など他のことに使うも良し。

個人売買ならば、より高く売れるのではないか

今はネットオークションなどもありますので、個人売買で売れば買取相場と販売相場の間の価格で上手く売れるかもしれません。

私が売った335iは、当時の買取相場が80万円台、販売相場が130万円前後だったので、個人売買であれば、間の100万円程度では売れたのかもしれません。

売る方は買取相場より高く売り、買う方は販売相場より安く買うことができるので、金銭的にはwin-winのようにも思えます。

 

が、やはり中古車。

引渡し後の故障などでトラブルになる可能性もあります。

そうしたリスクを考えると個人売買は積極的にオススメはできません。

やはり専門業社に査定してもらうのが一番です。

関連キーワード
  • 【容量実質無制限】引越しが多い人のインターネットはWiMAX一択
  • 広告が消えるだけじゃない! YouTubeプレミアムに加入してみた
  • たったの10分で自動車保険料を2万円以上安くする方法
  • バイクもOK!格安かつ短期間で免許をとるなら合宿免許
  • 【レンタルもできる】高級時計を持つということ
  • 【一括査定】車をディーラー下取り額の8割増で売る方法
自動車の任意保険が安くなる!?

車に乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いドライバーは保険料を比較します 私が見積もり比較をした時には、保険会社によって保険料が2万円以上違いました。
任意保険の比較については下のボタンから。

おすすめの記事
初めてのバイクは何ccにすればいいのか
バイク
初バイクの選び方はこれまでにも記事にしているんですけれども。 選び方は指南したのですが、結局最終的な選択は丸投げしているような気も・・・ そ...
乗車用ヘルメットの規格とは?
バイク
ヘルメットの下の方に何かのシールが貼ってあるじゃないですか。 このシールの正体を知っていますか? ヘルメットには、安全性を定めた規格がいくつ...