バイクと車はローンで買うべき3つの理由

車やバイクは大きな買い物ですから、大きな出費が伴います。

そこで考えるのがローンを組むか否か。

私は今まで所有した車、バイクのほとんどをローンで購入しています。

理由は以下。

手元に現金を置いておく方がいい

1820796 / Pixabay

新車であればバイクは数十万から、車は百万円単位の購入資金が必要となります。

中古車だとしても程度のいい車両を買うなら同様。

充分な収入や資産があるなら一括で買うのもアリですが、私のような一般的なサラリーマンには数百万の出費は大きな痛手です。

もし貯金があったとしても、一括で払ってしまうと貯金が何割か目減りしてしまうことになります。

怪我、病気、災害などで急に出費が必要になることがあるかもしれませんし、結婚や出産など、ライフサイクルに大きな変化が訪れるかもしれません。

買った車の故障で大きな出費が発生することも考えられます。

未来のことなんて誰にもわからないのです。

車のために一度にドカッと使うよりは、将来の備えとして現金を手元に残しておき、車の購入資金は借りたほうがいいのです。

金利が安い

andreas160578 / Pixabay

自動車ローンは他のローンに比べて格段に金利が安いです。

銀行であれば3%台、キャンペーンをしていれば2%台で借りられることも。

 

私が過去に組んだローンの金利は、

  • ゼファーχ 0.9%
  • ZX−10R 2.5%
  • コペン 3.4%
  • BMW 335i 2.9%
  • クラウンアスリート 2.7%
  • Z900RS 3.0%

です。

クラウンアスリートを購入した時には、カードローンの契約がキャンペーン金利適用条件でしたのでローンカードを作ったのですが、このローンは100万円以下の借り入れだと年利14.5%です。

自動車ローンの金利がいかに安いのかがお分かりいただけるかと思います。

 

また、自営業の方なら車を一括で買って会社の運転資金を別途借り入れるより、車は安い金利でローンを組んで購入し、手元に現金を残して運転資金に当てたほうが有効でしょう。

購入資金が貯まるまでの時間を買う

nattanan23 / Pixabay

欲しい時に買えということです。これを一番伝えたい。

私の大学時代の話をします。

私が初めて自分で買ったバイクがゼファーχです。

大学1回生の12月にほぼフルローンで買いました。

 

総額65万円で、頭金は3万円だけだったと思いますw

当時バイトをしていたのですが、月の給料が8万円ほど。

仮に半分の4万円を毎月貯金したとして、65万円が貯まるのに17ヶ月かかります。

大学生活は4年間しかありません。

大学に入ったら400ccのバイクを買ってバイクとともに過ごすんだと決めていたのですが、お金を貯めるために4年のうちの1年5ヶ月も我慢するのはありえないと思ったのです。

確かに金利で余計なお金が必要にはなりますが、数万円余計にお金を払うだけで1年5ヶ月早くバイクを買えました。

つまり、1年5ヶ月という時間を買ったということです

そのおかげで私の大学時代はいつも側にバイクがいました。

 

それから、私が乗っていたゼファーの色はイエローボール。

この色は2006モデルだけに用意された色です。

高校3年の11月だったと思いますが、このイエローボールモデルが発表され、大学に入ったら絶対にこの色のゼファーを買うと心に決め、受験勉強も頑張ることができました。

ゼファーは毎年カラーチェンジを行なっており、また、近々絶版になると噂されていた時期でもあり、この時を逃せば二度とイエローボールの新車を買うことはできない状態だったのです。

今しか買えないから今買うしかない

実際、12月の時点でほぼ完売状態で、なんとか1台確保してもらって買うことができました。

 

思い出話が長くなりました。

このブログの読者は車やバイクを実用ではなく趣味として楽しんでいる方ばかりだと思います。

だったら欲しいものは今買いましょう。お金がかかる趣味ですので、先ほども書いたように、結婚などで生活環境が大きく変化し、購入を諦めなければならない日が来るかもしれません。

特に10代、20代の若い人。今という時間は二度と戻ってきません。

若い時間を好きな車やバイクと一緒に過ごすべきです。

ローンは抵抗がある?

geralt / Pixabay

確かに、ローンは言ってしまえば借金です。

借金は良くないと考える人もいますが、無理なく借りてきちんと返済すれば、それは信用情報として蓄積されるというメリットもあります。

借り入れの審査をする時、金融機関は信用情報機関に照会をしますが、この時、借金をしたことがない人は信用情報がないため、言わばどこの誰かもわからない状態なわけです。

しかし、信用情報を蓄積している人は、少なくとも今まで金融事故を起こしていないということで、借金をしたことがない人に比べて信用できる人と判断されるのです。

将来住宅購入資金や事業資金などの大きな借り入れが必要になった時に効いてくるかもしれません。

携帯電話を分割払いで買う人多いですよね?あまり意識していないと思いますけど、あれも借金ですからね。信用情報機関に照会すれば債務情報としてしっかり載っています。

携帯電話は平気で借金して買うのに自動車ローンは悩むんですか?

悩んでる暇あったらさっさと買っちゃいましょう。

関連キーワード
バイク, の関連記事
  • ツーリングには地図アプリではなくツーリングマップルを使うべき2つの理由
  • 乗車用ヘルメットの規格とは?
  • ヘルメットの種類と選び方を教えるよ
  • 乗ってみてわかった大型バイクのメリット、デメリット
  • 夏こそ必要!バイクに乗るならライディンググローブを着けておこう
  • 【バフがけ・金属磨き】鏡面仕上げにオススメの金属コンパウンド3選
自動車の任意保険が安くなる!?

車に乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いドライバーは保険料を比較します 私が見積もり比較をした時には、保険会社によって保険料が2万円以上違いました。
任意保険の比較については下のボタンから。

おすすめの記事