プラスドライバーの紹介と、ネジを潰さない正しい使い方

バイクの整備でよく使う工具の一つがプラスドライバーですが、ドライバーでネジの頭を潰してしまったことってないですか?

 

こんな風に。

固着したネジを外そうとして、ナメて潰れてしまうパターンが多いかと思いますが、こうならないための工具選びと、プラスドライバーの正しい使い方を書いていきます。

使っているドライバー

まずは、私が使っているドライバーを3本紹介しましょう。

写真の下のやつから紹介していきます。

WERA プラスドライバー

まずはこちら。

WERA(ウェラ、ベラ)のプラスドライバー。

WERAはドイツのメーカーで、主にドライバーを生産しています。

このドライバーの優れているところは、先端の食いつきの良さ

先端にLasertripという加工が施されていて、非常に滑りにくくなっています

今まで使ったドライバーの中で、ネジへの食いつきは抜群。別格です。

 

私は後述するPBのスイスグリップドライバーをメインで使っているのですが、硬く締まったネジを外す時など、ネジの頭をナメそうな時にはこちらを使っています。

ネジを潰さないコツの一つは、良い工具を使うことですね。

 

グリップは他のドライバーでは見たことがない形ですが、これが握りやすくて力を入れやすい

 

Lasertripの他に、ダイヤモンドチップを埋め込んであるドライバーもラインナップされているので、好みのものを探してみてください。

PB スイスグリップドライバー

私の工具箱の一軍です。

ドライバーはこいつをメインに使っています。

スイスグリップドライバーの優れているところはグリップの握りやすさ

グリップは細めの樽型で、素材は硬めのゴムと言えば伝わりやすいかと思いますが、握った時に手が滑りにくい。

先ほどのWERAに比べるとコンパクトで軽いので、速く回すのにも優れています。

 

工具屋さんで見かけたら握ってみてください。病みつきになります。

SIGNET 貫通ドライバー

これはSIGNETの工具セットに入っていたドライバー。

SIGNETはギアレンチが有名なメーカーで、ギアレンチ付きの工具セットはお買い得感があります。

プラスドライバーはPBかWERAのものを使うので、このドライバーを使うことはあまりありませんが、貫通ドライバー(金属部分がグリップのお尻まで貫通している)になっているので、ドライバーをハンマーで叩く場面ではこれを使っています。

正しいドライバーの使い方

ドライバーはどうやって使う工具でしょうか。

回して使うと答えた方は不正解です。

 

まあドライバーを回さないとネジが締まりませんので回す必要はあるのですが、回す動作よりも重要なのが押す動作です。

写真はカラーボックスの木ネジですが、これを締めるとして説明すると、ドライバーをネジに押し付ける力が7割、回す力を3割くらいの感覚で締めていきます。

緩める時も同じです。

ドライバーを押し付けながら、左に回す。

 

押し付ける力を意識するだけで、ネジをナメることは少なくなりますので試してみてください。

おわりに

ネジが潰れることが多いのは、固着したネジを外す時ではないでしょうか。

締める時に締め付けすぎるパターンもあると思いますが、固着したネジを回そうとしてナメるのが一番多いかと。

 

固着したネジへの対処法は別の記事で書こうと思っていますが、まずは良い工具を正しく使うこと。これを意識してみてください。

ドライバーは工具の中でも安い方で、紹介したスイスグリップドライバーは1,000円台で買うことができます。

色々なドライバーに触れて、好みの1本を探してみてください。

関連キーワード
バイク, , 整備の関連記事
  • 初めてのバイクは何ccにすればいいのか
  • 大型バイクの維持費は高い?中型と大型の維持費を比較してみた
  • 初心者必見!免許を取って初めて買うバイクの選び方
  • 憧れのSS(スーパースポーツ)を買ったけど2年で2000kmしか乗らなかった話
  • 【コラム】エイプ50から始まるバイク沼
  • 頭をナメたネジが回る!ネジすべり止め液を試してみよう
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事