バイクに乗るときの安心感向上!ライディングシューズの選び方

一口に靴といっても、いろんな靴があるじゃないですか。

革靴、スニーカー、ランニングシューズ・・・

誰もが場面や用途、服との組み合わせによって、靴を履き分けているはずです。

 

ならば、バイクに乗る時はバイク専用の靴を選びましょうよ。

車用の靴は以前に紹介しましたので、今回はライディングシューズの種類と、私が使っているライディングシューズをご紹介します。

もっと早く買っておけばよかった

用途に特化した専用設計

冒頭に書いたように、靴って本当に色々な種類の靴があります。

特にスポーツ用の靴は用途に特化したものばかり。

わかりやすい例だと、スパイクシューズ。

靴の底面がにスパイクが付いていて、地面をがっちり掴む作りになっています。

スパイクシューズの中でも、陸上競技、野球、サッカーでは構造が全く違っていて、それぞれの用途に特化して作られているんですね。

普段使いには適していなくても、ある一つの用途に限っては抜群のパフォーマンスを発揮する作りになっているのです。

 

別にスニーカーで野球もサッカーもできますよ。

でも、プロじゃなくて部活動や趣味レベルだとしても、例えば草野球チームに入って頻繁に試合をするなら野球用の靴を持ってるじゃないですか。

 

これ、バイクでも同じことが言えます。

バイクに乗るならバイク用に設計された靴を履くことで、操作性安全性が確保されるんです。

バイク用の中でも、さらに細分化される

バイク用の靴の中でも、ツーリング、レース、オフロードなどの用途によって、種類が細分化されます。

バイクシューズは主に3種類

ライディングシューズ

ツーリングに使うならこれがベストです。

下の写真は私が愛用している、アルパインスターズのファスターというシューズです。

足の小指付近にはバンクセンサーが取り付けられていて、バイクを傾けても靴がボロボロになることはありません。

ツーリングでそこまで倒すのは危険ですけどね。

くるぶしまで覆われる作りは、万が一転倒した時に足を守ってくれます。

バイク感をあまり出したくない人には、見た目が普通のスニーカーやブーツのようなランディングシューズもあります。

レーシングブーツ

ふくらはぎまで覆われた作りになっています。

私はサーキット走行は小さいサーキットでの走行会で1回走ったことがあるだけですので、レーシングブーツは履いたことがないのですが、大きいサーキットならばレーシングブーツの着用を走行の条件にしているところが多いので、サーキットを走るならば持っておくべきです。

レースに出るなら必須。

オフロードブーツ

オフロード走行用のブーツです。

こちらも、ふくらはぎまで覆われていますね。

靴底も厚く、全体的に重厚な作りです。。

足首の部分も硬いので、走行中に足を着いたり転倒しても足を捻りにくいようになっています。

オフロードブーツの中でも、モトクロス、トライアル、エンデューロとさらに細かく種類が分かれますので、用途に合ったものを選んでください。

私のライディングシューズ

私が使っているのは、先ほども紹介したファスターというシューズです。

ウォータープルーフなので、突然の雨でも安心です。

正面から。

甲の部分はカーボン調。

靴紐を通すところは反射素材が使われています。

ベロの部分はマジックテープで締めることができます。

 

 

上から。

 

外側。

小指の部分にはバンクセンサーがついています。

かかとはアルパインスターズのロゴ。

 

内側

内側はほとんどカーボン調の素材で、大きなロゴが入っています。

 

底面

底はゴム素材で滑りにくくなっています。

柔らかいので普通に歩くにも快適です。

 

後ろから。

くるぶしの部分が厚いのがわかるかと思います。

もしもの転倒時にも安心です。

 

かかとにも反射材が付いているので、夜でも後ろからの視認性は少し上がります。

バイク乗りは買うべし

私がライディングシューズを初めて買ったのは去年のことです。

バイクに乗り出して10年が経った頃のことでした。

ずっとスニーカーでバイクに乗っていたのですが、ライディングシューズを履くことで、くるぶしまで覆われた安心感とシフトやリアブレーキの操作性を得ることができました。

もっと早くこのことを知っておきたかった。

特に安全面で、バイクに乗る時はライディングシューズを履くことオススメします。

 

関連キーワード
バイクの関連記事
  • 【コラム】納車「しました」「されました」論争を整理しよう
  • バイクもOK!格安かつ短期間で免許をとるなら合宿免許
  • 夏こそ必要!バイクに乗るならライディンググローブを着けておこう
  • バイクと車はローンで買うべき3つの理由
  • バイクは下半身で乗れ!ニーグリップのコツを教えるよ
  • バイクに乗るときの安心感向上!ライディングシューズの選び方
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事