バイクに乗るときにはライディングジャケットを着よう

バイクに乗るとき、何を着ていますか?

最低限、長袖長ズボンは着ていてほしいんですけど、バイク用のライディングジャケット、ライディングパンツを着ておくと、バイクに乗るのがより楽に、安全になります。

 

そこで、私が使っているバイク用のジャケットとパンツを紹介します。

紹介するのは夏用のものですが、冬にも使っています。

その方法も最後に書いています。

私が使っているバイクウェア

はじめに私のジャケットとパンツを紹介します。

初めて買ったジャケットはシンプソンのメッシュジャケット(アイキャッチ画像のやつ)です。

とても気に入っていたのですが、歳を重ねると趣味も変わるもので、いかにもバイクバイクしすぎていて、色も派手なので買い替えました。

今はRSタイチのものを使っています。

ジャケット RSタイチ「エアトラックジャケット」

夏用のジャケットはメッシュ生地のものが多いのですが、これはジャージのような生地です。

プロテクター付きのジャージと考えてもらえればイメージしやすいかと。

背面、肩、肘のプロテクターが付いていて、別売りの胸部プロテクターも取り付けることができます。

 

デザインもいかにもライダーって感じではなく、普通のジャージにさりげなくタイチのロゴがついているだけのシンプルなものです。

プロテクター抜いて普段着にしても違和感ないレベル

 

さすがに真夏にこれを着て外にいると暑いですが、バイクで走り出して風を着れば汗をかくようなことはありません。

パンツ RSタイチ「クイックドライカーゴパンツ」

パンツはこちら。

裏地がメッシュになっているので、汗をかいてもベタベタしません。

ポケットが深めに作られていたり、ベルトを着けなくてもウエスト調整が可能だったりと、使い勝手は文句なし。

着た時のシルエットもスリムです。

表は撥水素材なので、通り雨程度ならば耐えられると思います。

こちらも膝のプロテクターが標準装備です。

バイクウェアのココがすごい

バイクウェアがライディングに適している点を挙げましょう。

プロテクターを付けられる

バイク用として売られている服には、大抵プロテクターを付けられます。

私のジャケット、パンツもそう。

肩用プロテクター

肘用プロテクター

背面プロテクター

ジャケットはこれらが標準装備。

ジャケットにはプロテクターを入れるためのポケットが備えられています。

私は別売りの胸部プロテクターも買いました。

胸部プロテクターはマジックテープで付けられます。

 

パンツの方も、

ゴム製のプロテクターが標準装備で、パンツの内側のポケットに入れることができます。

私はバイクで転倒したことがありますが、両手と左膝を打ったんですよ。

手はグローブを着けていたので無傷だったのですが、膝はジーンズを履いていただけでプロテクターが無かったので激痛でした。

幸い骨折はしませんでしたが、事故直後は痛すぎて立ち上がれませんでした。

事故から10年以上経ちますが、今でも左膝痺れた感じが若干残っています。

 

プロテクター大事やで!

ライディングポジションに合わせた縫製

バイクウェアの多くは立体縫製になっています。

例えば肘や膝の部分がはじめから少し曲がって縫われていて、バイクでライディングポジションを取った時に最適化されているんです。

疲れにくい

縫製がライポジに最適化されているので、疲れにくいのがバイクウェアのいいところ。

それから、バイクに乗ってて疲れる大きな原因って走行風だと思うんですよ。

普通の服を着てバイクに乗ると、風で服がバタバタなるじゃないですか。

これで結構疲れが出るんですよね。

バイク用の服は、そこらへんも考えられていて、窮屈ではない程度に体にフィットするので、風で服が暴れるようなことがありません。

縫製のことも書きましたが、ライポジに合わせた縫製なので、バイクに乗った時に記事がダボつかないのも風の影響を受けにくい要因ではないでしょうか。

 

記事のタイトルにはバイクに乗るのが楽になると書きましたが、服がバタバタしなくなるだけで、疲れ具合がかなり違ってきます。

夏用ウェアを冬にも使う

今回は夏用のジャケット、パンツを紹介したのですが、私は冬にも使っています。

冬用ウェアは持っていません。

 

じゃあクッソ寒い中夏装備でバイクに乗っているのか。

そうではありません。

 

冬は、夏装備の上にワークマンのイージスを着ているのです。

イージスについて詳しくは下のリンクから。

ワークマンの『イージス』を着ればバイク乗りに冬はない!
2019.6.9
冬でもバイクは楽しい! しかし、寒い! バイク乗りには堪える季節です。 寒さ対策をして乗らないといけませんが、冬用のバイクウェアって高いじゃないですか。 1万円は軽く超えてきますよね。 そこで、私...

冬用ウェアを上下買えば、数万円の出費は覚悟しなければならないですが、イージスはなんと上下セットで6,800円という激安価格!

冬はプロテクター付きの夏用ウェアとイージスの組み合わせが最高です。

関連キーワード
バイクの関連記事
  • 賃貸住まいのバイク乗りは一戸建て借家を選べ!
  • 乗ってみてわかった大型バイクのメリット、デメリット
  • バイクにオススメ『プレクサス』で洗車を時短
  • バイクに乗るときにはライディングジャケットを着よう
  • 綺麗にするだけじゃない!手洗い洗車の本当の目的
  • バイクは下半身で乗れ!ニーグリップのコツを教えるよ
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事
初めてのバイクは何ccにすればいいのか
バイク
初バイクの選び方はこれまでにも記事にしているんですけれども。 選び方は指南したのですが、結局最終的な選択は丸投げしているような気も・・・ そ...