バイクは下半身で乗れ!ニーグリップのコツを教えるよ

バイクに乗ってるときに、カーブや交差点を曲がるのが怖い人はいませんか。

または加速や減速でギクシャクして怖い人。

それ、ニーグリップを改善すれば解決するよ。

ニーグリップってなに?

Free-Photos / Pixabay

膝(ニー)でタンクを挟む(グリップする)ことを言います。

教習所でも習いますよね。

 

正しくニーグリップをしていないと、コーナリング中にふらついたり、加減速でギクシャクしてしまって、ライディングの安定感を大きく損なってしまうのです。

ニーグリップの重要性

aaron00023 / Pixabay

ニーグリップの重要性を体感してもらいましょう。

※広くて誰も入ってこない場所で行なってください。

道路でやっちゃダメ!

 

方法は簡単。

バイクで8の字に走るだけです。

ただし、縛りを一つ設けます。

クラッチを繋いで発進した後は、左手はハンドルから離して腰に当て、右手だけでバイクを操作します。片手運転で8の字に走るということ。

 

まずは膝をタンクに当てずに走ってみてください。バイクが安定しなくて、すごく乗りにくいと思います。

バイクに乗り慣れていない人なら曲がりきれないかもしれませんね。

無理に曲がり切る必要はありません。

怖かったら左手をハンドルに戻して止まりましょう。





次に、タンクを膝でガチガチに挟んで、もう一度右手だけで8の字に走ってみましょう。

タンクを挟んだ方が安定して曲がれるはずです。

これをやれば、ニーグリップがライディングに大きな影響を与えているということがよくわかると思います。

 

片手で運転してもらった方がわかりやすいのですが、恐ければ両手で運転しても構いません。

途中で転倒しそうになったらすぐに左手をハンドルに戻し、安全に停止してくださいね。

転倒に備えてヘルメットやグローブなどの装備も忘れずに。

ニーグリップをしないとバイクが安定しないということがわかれば十分です

ニーグリップのコツ

Free-Photos / Pixabay

じゃあバイクに乗るときは常にガチガチのニーグリップをしなければならないのかといえば、そうではありません。

ずっとそんなことしてたら疲労が溜まってしまい、かえって危険ですからね。

 

まっすぐ走る時には、くるぶしを車体に密着させることを意識してみてください。

すると、膝も自然とタンクを挟むようになり、無理なくニーグリップをすることができるはずです。

そして、加速や減速、旋回などのバイクの挙動が大きく変化するときだけ、膝をギュっと締めるのです。

このようにメリハリをつけることで、疲労を軽減しつつ安定したニーグリップができます。



バイクは下半身で乗る

Anestiev / Pixabay

バイクで曲がるとき、ハンドルを切って曲がると思っている人はいませんか?

低速でUターンをするときはハンドルは積極的に切ってフルロッックで旋回するのですが、交差点やカーブではそうではありません。

バイクは下半身で操るのです

 

イメージとしては、自分の下半身がバイクと一体化した感じ。ケンタウロスになったイメージです。馬の部分がバイクね。

自転車を持っている人は、サドルを持って自転車を傾けてみてください。

右に傾ければハンドルが右に曲がり、左に傾ければハンドルが左に曲がるはずです。

これをセルフステアといいます。

 

バイクも同じ。

カーブや交差点を曲がるとき、両足で車体をバンクさせることを意識してみてください。

両足で車体を傾けると、ハンドルは自然と曲がる方向に切れていきます。

わざわざハンドルを操作しなくても、ハンドルは勝手に切れてくれるのです。

バイクに対して両足は能動的に、両手は受動的に使うということ。

 

正しくニーグリップをして、安全に楽しくバイクに乗りましょう。

関連キーワード
バイクの関連記事
  • 初めてのバイクは新車を買うべき2つの理由
  • タイヤのサイズ・製造年の見方と交換時期の目安
  • イージスとイージスオーシャンの違いは?両方買って比較してみた
  • 初めてのバイクは何ccにすればいいのか
  • バイクにオススメ『プレクサス』で洗車を時短
  • 車検がないという理由だけで250ccバイクを選んではいけない理由 意外と維持費に差はなかった
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事
【コラム】エイプ50から始まるバイク沼
バイク
ちょいと思い出話なんかも交えつつ、コラム的な記事を書いてみようかと。 「バイクに乗りたい!」と思っても、立ちはだかる最大の壁は金銭面の問題な...