初心者必見!免許を取って初めて買うバイクの選び方

バイクの免許を取ったぞ!

 

でも、バイクを買うのは初めて。

いろんな形のバイクがあって、どれを選べばいいのかわからない。

 

そんなあなたに、バイク歴11年、20車種以上の乗車経験がある私が初めてのバイク選びを指南しましょう。

初めてのバイクということは、400ccバイクまで運転できる普通自動二輪免許を取ったという人がほとんどだと思います。

私も普通自動二輪免許を取り、のちに大型自動二輪免許を取りました。

 

この記事では、400ccまでのバイクの選び方について書いていきます。

乗りたいバイクが決まっている

fietzfotos / Pixabay

好きなバイク、憧れのバイクがあって、それに乗るために免許を取ったという人もいると思います。

そんな人にはこの記事は不要ですね。

 

私もこのパターンでした。

高校生の頃からゼファーχに乗りたくて、ゼファーに乗るために免許を取りました。

指名買いするバイクがあるならば、それが一番です。

今すぐ買いましょう。

 

バイクに乗りたくて免許を取ったけど、乗るバイクは決まっていないという人は、このまま読み進めてください。

排気量で選ぶ

Hans / Pixabay

大きく分けて、125cc、250cc、400ccのクラスに分かれます。

125ccクラスについては下の記事で詳しく書いています。

【〜125cc】メリットいっぱい!二種原付という選択肢
2019.6.9
バイクの免許を取ったけど、公道で中型以上(普通自動二輪免許か大型二輪免許が必要)のバイクにいきなり乗るのは不安だ。 通勤、通学にバイクを使いたいけど、大きいバイクを毎朝出すのは億劫だよ。 バイクをカス...

 

250ccと400ccの違いは車検の有無。

でも、車検があることで維持費は高額になるかというと、実は大差ありません。誤差レベルです

試算してみたのでこちらの記事も読んでみてください。↓

車検がないという理由だけで250ccバイクを選んではいけない理由 意外と維持費に差はなかった
2019.7.19
排気量250cc以下(未満じゃないよ)のバイクは車検が必要ありません。 車検って高額なイメージがあるので、特に初めてバイクを買う人なんかは「車検ないなら金かからないじゃん♪250ccにしよ!」なんて安...

車検がないという理由だけで選択肢を250ccまでに限定してしまうのはもったいないですよ

250ccと400ccはどう選ぶのかについても、リンク先の記事で触れています。

維持費は大差ないと書きましたが、車体価格自体は差がありますので、予算とも相談することになるとは思いますね。

用途で選ぶ

Pexels / Pixabay

バイクで何をしたいかってことですね。

思いつく用途をざっと挙げてみます。

ツーリングを楽しみたい

オンロードのツーリングならどんなバイクでも楽しめます。

が、乗車ポジションが楽なのはネイキッドやストリートファイター、アメリカンあたりだと思います。

ネイキッドは教習車にも使用されている、標準的なポジションのバイクです。

ストリートファイターもネイキッドと同じようなポジションですね。

ある程度の長距離を走っても、体が起きたポジションなので、疲れは溜まりにくいですよ。

アメリカンについては、私は乗ったことがないので詳しく語れないのですが、足つきも良さそうですし、ゆったりツーリングに向いていると思います。

 

また、高速道路をよく走るつもりなら、フルカウルを選ぶのもオススメ。

少し伏せれば走行風をカウルが防いでくれます

高速巡航していると常に体に風を受けるので、結構疲労が溜まってくるんですよ。

でも、カウルがあれば風の影響を抑えられるのでツーリング中も疲れにくいと思います。

フルカウルバイクは前傾気味のポジションになりますが、400ccクラスまでのフルカウルバイクであれば、2スト時代のレーサレプリカや600cc、1000ccクラスのスーパースポーツほどキツい姿勢にはなりません。

今は250ccのフルカウルが大流行ですね。

サーキットを走りたい

サーキットを走るならばフルカウルが一番ではないでしょうか。

ネイキッドやストリートファイターでもサーキット走行を楽しめると思います。

サーキットではコーナーで車体を傾斜させるので、バンク角が大きいバイクがオススメです。

林道を走りたい

オフロードバイク一択です。

比較的軽い車体と、ブロックタイヤと呼ばれる未舗装路でも地面を掴むタイヤを履いているのが特徴。

オフロードバイクは構造もシンプルなので、メンテナンスを自分でしたいという人にもオススメ。

荷物を運ぶことが多い

走ること自体を楽しむよりも、実用性を重視するならばビッグスクーター。

シート下収納も大容量です。

カスタムを楽しみたい

カスタムはどんなバイクでも楽しめますが、パーツの選択肢が多い車種を選べばより楽しめます

私が乗っていたゼファーもそこそこカスタムをしていたのですが、同じ400ccネイキッドでもゼファーよりはCB400SFの方が社外パーツが豊富でした。

CBに乗っていた友人が羨ましかったです。

 

また、カスタムベースとして私が真っ先に思いつくのはヤマハのSR400です。

社外パーツも豊富で、SR専門のカスタムショップもあるほどです。

どノーマルのSRってあまり見ませんね。

 

カスタムベースには、50ccや125ccの小排気量のバイクを選ぶのもいいでしょう。

パーツも豊富で、車体価格も安いですし、元のスペックが低いのでカスタムした時の変化を感じやすくて楽しいですから。

構造も比較的簡素なんで、自分でいじりたい人にもおすすめできます。

 

カスタムのスタイルって色々あって、カフェレーサーだったりスポコン仕様だったりストファイだったり、はたまた三段シートにロケットカウル的な特攻精神の塊みたいなバイクだったりと、好みも人それぞれですよね。

個人の趣味なので、いろんなスタイルのバイクがあっていいんですけど、カスタムするならば違反にならないようにだけ気をつけてもらいたいなと思います。

ルールの中で楽しむのが大人ですからね。




デザインで選ぶ

PIRO4D / Pixabay

バイクって趣味の乗り物ですから、見た目、デザインって重要です。

本屋さんに行けば、『バイクオールカタログ」みたいな雑誌やムックがありますので、それをみて選んでみてもいいですよ。

音で選ぶ

olafpictures / Pixabay

他のブログでバイクの選び方を取り上げた記事を読んでも、意外と触れられていない音。

エンジン音だったり、排気音だったり、エンジンの種類によって音が全く違います

 

で、ちょっとバイクを知ってくると、音を聞いただけでエンジンの種類がわかるようになるんですよ。

そして、好きなエンジンというのが出てきます。

実際にバイクを買うときには、音も重視して選ぶべきだと私は考えています。

走行中にずっと聞く音ですからね。

 

今新車で買える400ccまでのバイクに乗せられているエンジンは主に4種類。

それぞれの排気音を擬音で書いてみます。

単気筒

オフロードバイクは単気筒です。

音は「バッバッバッバッ」

直列2気筒

今流行りの250ccフルカウルは直列2気筒ですね。

音は「バラバラバラバラ」

V型2気筒

アメリカンはV型2気筒。

音は「ドッドッドッドッ」

直列4気筒

250ccで直列4気筒エンジンの現行車種は無いはずです。

400ccならばCB400なんかが直列4気筒です。

音は「ブォーーーーーー」

 

 

 

 

カタカナじゃさっぱりわかんねえよ!!!

 

・・・ですよね。

YouTubeで検索して聴き比べてみてください

全然違うから

 

私は直列4気筒が大好き。

私が乗ってたゼファーの排気音を載せときますね。※音量注意

いきなり大型ってどうなの?

これは賛否両論ありますが、400ccクラスまでのバイクを経験してから、大型にステップアップした方がいいというのが私の考えです。

理由は2つ

扱いきれない

どんなベテランでも大型バイクの性能をフルに使いきれている人なんていません。

私は、性能を使い切れるバイクの大きさは125ccくらいまでだと思っています。

 

最近のバイクって性能がいいですから、素人が乗ってもそれなりに乗れちゃって、簡単にスピードも出るんですよ。

性能がいいってことは限界が高いってことです。

乗り手が未熟なのにバイクの性能に任せてスピードを上げ、例えばコーナリング中にバイクの限界を超えたときには、もうリカバリーは不可能です。

 

それからバイクの性能以前に、車格が大きいので取り回しが大変です。

もしも倒してしまったとき、一人で起こせますか?

倒れた場所が駐輪場で、隣のバイクを一緒に倒してしまったら?

 

私は新車の400ccバイクを買った次の日に倒してしまいました。

400ccバイクもまともに扱えない初心者が大型バイクを扱える訳がありませんよね。

大型バイクに乗るのは、中型バイクである程度取り扱いに慣れてコツをつかんでから。

大排気量の有難味を感じられない

私が初めてジョグに乗ったとき、アクセルを捻ると軽々とスピードが上がり感動しました。

ゼファーで初めてフルスロットルにしたとき、加速が凄すぎて息ができませんでした。

CB1300に初めて乗ったとき、回転数を上げなくてもグイグイ走ることに驚愕しました。

ZX-10Rに初めて乗ったとき、異次元の乗り物だと感じました。

 

一生1台のバイクに乗り続ける人って少ないと思うんですよ。

大抵何台か乗り換えます。

私は原付から徐々にステップアップしていったので、バイクを買い替えるたびに感動や喜びがありました。

いきなりハイスペックのバイクに乗ると、それ以上はないのでつまらなくないですか?

 

大型バイクについては、別で記事を書きましたので、こちらも読んでみてください。

乗ってみてわかった大型バイクのメリット、デメリット
2019.4.7
今はいきなり大型バイクの免許が取れますから、初めてのバイクが大型バイクだという人もいますが、大多数の人は400ccや250ccのバイク(ここでは中型バイクとします)からスタートする人が多いと思います。...

実車を見て決めよう

色々書いてきましたが、買う前には実車をを見てみるべきです。中古車はもちろん、新車であってもです。

先ほど書いた音についても、実車のエンジンをかけてもらって聞いて見た方がいいですし、実際にまたがって見れば足つきも確認できますし、走っているイメージも湧きやすい。

デザインや質感も、写真や動画ではわからないところまで確認できます。

思ったよりシートが高いなとか、跨ってみたらタンク小さいんだなとか、いろいろな発見があると思います。

気になるバイクが見つかれば、ぜひバイク屋さんに足を運んでみましょう。

関連キーワード
バイクの関連記事
  • 頭をナメたネジが回る!ネジすべり止め液を試してみよう
  • バイクに乗るときの安心感向上!ライディングシューズの選び方
  • 車検がないという理由だけで250ccバイクを選んではいけない理由 意外と維持費に差はなかった
  • 初めてのバイクは新車を買うべき2つの理由
  • ワークマンの『イージス』を着ればバイク乗りに冬はない!
  • 初めてのバイクは何ccにすればいいのか
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事