乗ってみてわかった大型バイクのメリット、デメリット

今はいきなり大型バイクの免許が取れますから、初めてのバイクが大型バイクだという人もいますが、大多数の人は400ccや250ccのバイク(ここでは中型バイクとします)からスタートする人が多いと思います。

そして、中型バイクに何年か乗ると、「そろそろ大型に乗ってみようかな」と思い始める人もいるはず。

 

バイクに乗り始めた時から、いずれは大型に乗りたいと思っていた人もいるでしょうし、バイクに乗っているうちに大型に興味が出てきたという人もいるでしょう。

私はバイクに乗り始めた頃は400ccで十分と思っていましたが、大型バイクに乗っている人と一緒にツーリングに行くうちに、大型に乗りたいと思い始めました。

 

そして現在は900ccのバイクに乗っています。

 

大型バイクへのステップアップを考えている方に向けて、大型バイクを選ぶことにはメリット、デメリットを挙げてみます。

結論、もしもバイクを1台しか持てないとしたら、私は大型一択です。

大型バイクのメリット

車格が大きい

MaxxGirr / Pixabay

まずは車格。

当然ながら、同ジャンルのバイクで比べると中型バイクに比べると車体は大きいです。

例えば、CB400SFとCB1300SFでは大きさも重さも全く違います。

 

車格が大きいことのメリットは、まず運転中の疲れが少ないということ。

ホイールベースが長いことや、車重が重いことで安定感がありますし、シートも大きいので長距離の運転でも疲れにくいように思います。

 

泊まりでのツーリングでも、中型バイクに比べると荷物も多く積めますね。

 

ただ、車体が大きくて重い分、取り回しは大変です。

これについてはデメリットの項で書きます。

ギアチェンジが少なくて済む

JarkkoManty / Pixabay

大型バイクはエンジンが大きく、回転数が低くてもトルクがありますので、上り坂とか追い越しなどの中型バイクではシフトダウンしていた場面でも、ギアを変えなくてすむことが多いです。

何速で走っていても、アクセルを開けるとグングン加速するので楽チンです。

 

また、中型に比べるとエンジンの回転数を抑えて走ることができるので、高速巡航も疲れが少ないですね。

圧倒的な加速

intographics / Pixabay

中型と比べて、加速力は雲泥の差があります。

1000ccのSSなんか3秒くらいで100km/hに達する性能ですからね。

フェラーリ並みの加速力を持った乗り物を200万円程度で買えるのは、考えようによってはお得。

意外と燃費は中型と変わらない

IADE-Michoko / Pixabay

エンジンの回転数を抑えられるからなのか、中型と比べてもびっくりするほどの燃費の差はありません。

後で書きますけど、差が出るのはタイヤなどの消耗品ですかね。

おじさんにモテる

karayaka54 / Pixabay

ツーリング中に道の駅やコンビニによると、よくおじさんに話しかけられます。

「コレ何シーシー?」って。

限定解除の時代で、大型バイクになかなか乗れなかった世代の人にとっては、大型に乗るってのは一つのステータスなのかも。




大型バイクのデメリット

初期費用、維持費用が比較的高額

当然ながら、車両価格は高いです。

ただ、車種にもよりますけど、私がバイクに乗り始めた頃に比べると、中型バイクの価格がものすごく上がった一方で、価格を抑えた大型バイクが増えてきた印象があるので、ここ10年くらいで大型と中型の価格差は縮まっていると私は考えています

 

大型バイクの方が消耗品は減りやすいですね。

特にタイヤ。

車重が重い上に大きな駆動力を受け止めるので、タイヤの減りは早く、同じ距離を乗るならば中型に比べて交換サイクルは早くなるかな。

さらにタイヤサイズも大きいので、タイヤの価格自体も高額です。

ブレーキも同様の理由で減りは早いですし、オイル容量も多いので消耗品にお金はかかりますね。

取り回しが大変

jill111 / Pixabay

メリットの項で書いた車格も、取り回しの時にはデメリットになります。

重いしデカイのでなかなか大変。

大型バイクに乗り換えてから、駐輪場からバイクを出すのが億劫で全然バイクに乗らなくなったという人も知っています。

 

それからバイクが倒れた時も一苦労ですね。

慣れていないと、重いので起こすのは大変です。

おじさんにモテる

isakarakus / Pixabay

メリットにも書きましたけど、1日に何度も話しかけられると正直鬱陶しいです(笑)

おじさんの昔話を聞くのも楽しいですけどね。

大型バイクに乗るライダーに求められる素質

Myriams-Fotos / Pixabay

大型バイクのメリット、デメリットを書いてきましたけど、私は大型バイクに乗り始めてよかったと思っています。

というか、400ccに戻る気はありません。

維持費は中型の2倍も3倍もかかるわけではありませんし、取り回しも慣れですから。

初めは中型バイクでも取り回しは一苦労でしたしね。

 

大型バイクへのステップアップを考えている方は、思い切って挑戦してみてもらいたいと思います。

 

 

ただ、これから大型バイクに乗るあなたに一つだけ伝えたいことがあります。

それは、

自制心を持って運転してほしい

ということです。

 

メリットの項に加速力を挙げましたけど、加速だけでなく、大型バイクはあらゆる面で高性能なんですよ。

100km/hや200km/hくらいあっという間に出ますからね。

で、この性能を発揮させる場所は公道ではないんです。

 

運転に少々自信がなくても、自制心さえ持っていれば大型バイクを過度に恐れる必要はありません。

 

大型バイクの性能と上手く付き合えば、あなたのバイクの世界がより広がることでしょう。

バイクの関連記事
  • バイクに乗るときにはライディングジャケットを着よう
  • バイク乗りにはアブラサスの『小さい財布』がオススメ
  • 大型バイクの維持費は高い?中型と大型の維持費を比較してみた
  • バイクがパンクした!釘が刺さった時の対処法
  • タイヤのサイズ・製造年の見方と交換時期の目安
  • バイクは下半身で乗れ!ニーグリップのコツを教えるよ
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事