バイクの低速バランス(遅乗り)の方法を理論的に教えよう

バイクって速度ゼロだと自立できない乗り物ですよね。

低速になるほど、乗り手がバランスをとってバイクを倒れないようにしないといけないんです。

 

私の遅乗り方法を伝授します。

ポジション

Pexels / Pixabay

遅乗りはスタンディングが基本です。

私のバイクはSSですからハンドルが低くて立てませんけど。

ネイキッドやオフ車なら断然スタンディングですね。

ライテク本やこのブログ以外の記事を見ても、スタンディングでやるように書かれているのがほとんどなのですが、その理由は「立った方が安定する」ということ。

でも、なぜ立って乗ると安定するのかが書かれてないんですよ。

私がお答えしましょう。

 

それはズバリ、重心が低くなるからです。

 

どういうことか説明しますね。

座っているときに、乗り手の体重はどこにかかっていますか?

シートですよね。

 

では、立って乗ると体重はどこにかかるでしょうか?

そう、ステップです。

 

体重がシートからステップに移ることで、重心が下がるのです。

重心が低いほど車体が安定するのはわかりますよね。

立って乗るのは重心を下げるためだったのです。

視線

3803658 / Pixabay

視線は遠くを意識します。

 

ちょっと立ち上がって、片足で立ってみてください。

そして目を瞑ってみましょう。

どうですか?体がフラつきますよね。

人間が体のバランスを保つのに、視覚に頼っている部分が大きいことがわかると思います。

自分の体のバランスを保たないと、バイクのバランスも保てません。

そこで、遅乗りでは特に視線が重要になるのです。

 

バイクは乗り手の視線の方に進んでいく特性があります。

遅乗りをしていると、ついつい前輪の少し前くらいの地面を見てしまいがちなんですが、低速とはいえバイクは進んでいます。

そうなると、絶えず視線が変化していくので、常に視線に合わせた調整が必要になります。

 

ところが、視線を遠くにすれば、少々バイクが進んでも同じところを見続ければいいわけですから、視線の移動が少なくて済み、バランスをとりやすいというわけです。

アクセル

rotkvica0 / Pixabay

アクセルはあまり煽らないようにします。

なるべく一定に保ちます。




クラッチ

Ankyn / Pixabay

クラッチはなるべく半クラを維持します。

断続させると動きがギクシャクしますし、エンストの可能性もあります。

 

クラッチレバーは人差し指と中指の2本か、薬指を足した3本の指で操作します。

私は3本指です。

教習所では4本で握るように習うと思うのですが、これだとグリップを握らずに掴むだけになってしまうんですよ。

4本指だと、手のひら全体でクラッチ操作をするようになるので動きが大まかになり、繊細なクラッチ操作ができないんですね。

ところが、使う指を外側から減らしていくと、ハンドルを握った状態で、指だけでレバーを操作できるので、微調整が容易になります。

小指1本でも、グリップを握っていれば全然違いますよ。

 

遅乗りだけでなく、普通に走る時も2本指か3本指での操作を私は推奨しています。

レバーとグリップの間に小指挟まりますけど、グリップに当たるまでレバーを握り込まなくても、クラッチはしっかり切れています。

ブレーキ

olafpictures / Pixabay

主に使うのはリアブレーキです。

半クラ状態で進もうとするバイクを、リアブレーキで後ろに引っ張るイメージ。

エンストしないように注意してください。

 

私は左右のブレが大きくなったらフロントブレーキを使ってフォークを沈めて、左右の動きを前後の動きに転換したりもするのですが、これはある程度慣れてきてからかな。

フロントブレーキのレバーも、使うのは人差し指と中指の2本指ですね。

理由はクラッチレバーと同じ。

薬指と小指でアクセルを操作して、人差し指と中指でブレーキを操作する。

私は常にこの操作なので、右手は薬指の付け根だけマメができます。




ハンドル

Jolyneanne / Pixabay

遅乗りはハンドルでバランスをとるのが基本です。

左右のブレが大きくなると、全身でバランスをとらないといけなくなるんですよ。

こうなると、カイジの鉄骨渡り状態ですよ。

修正不可能。

 

小さいブレはハンドルだけで修正できます。

ブレが小さいうちに、ハンドルで修正していきましょう。

バイクが傾いた方向にハンドルを切ればバイクは起き上がります。

1つずつやっていこう

geralt / Pixabay

今まで上げた項目を実践すれば、足を着かずにバイクに乗り続けることができます。

が、一度に全部やろうとしてもうまくいきません。

 

まずは2本指でのレバー操作に慣れる。

慣れたら次は視線を意識する。

といった具合に、1つずつ実践し、体に覚え込ませれば上達していくこと間違いなしです。

関連キーワード
バイクの関連記事
  • 憧れのSS(スーパースポーツ)を買ったけど2年で2000kmしか乗らなかった話
  • イージスとイージスオーシャンの違いは?両方買って比較してみた
  • 大型バイクでゆるキャン△ キャンプツーリング道具の選び方と買ったもの
  • ワークマンの『イージス』を着ればバイク乗りに冬はない!
  • オフロードで練習すればバイクに乗るのが上手くなる2つの理由
  • バイクにオススメ『プレクサス』で洗車を時短
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事
乗車用ヘルメットの規格とは?
バイク
ヘルメットの下の方に何かのシールが貼ってあるじゃないですか。 このシールの正体を知っていますか? ヘルメットには、安全性を定めた規格がいくつ...