冬のバイクにはワークマンのイージスオーシャンがいい!

寒くてもバイクには乗りたくなるんですけど、冬用のライディングジャケットって高いんですよね。

そこで、ここ2年ほど私がバイクの防寒着として使っているのが作業着屋として有名なワークマンのイージスなんです。

イージス上下セットで6,800円という驚きの安さながら、めちゃくちゃ暖かい上に防水機能まで備えた最強の防寒着です。まさに盾

バイク用の防寒着としての使い方もかなり認知されてきているのですが、イージスには姉妹品がいくつかあるのをご存知でしょうか。

2016年モデルのイージスを持っているのですが、先日2018年モデルのイージスオーシャンも買ってみましたのでレビューします。

外観

生活感溢れる写真ですみません。

 

まずは前面。

イージスオーシャン2018年モデルは、色はオレンジとグレーの2色が用意されています。

バイクが火の玉カラーなので、バイクの色に合わせてオレンジをチョイスしようかとも思ったのですが、バイクに乗る時以外にも着ることを考えて無難なグレーを選択しました。

夜にバイクに乗ることが多い方は、視認性の高いオレンジを選んだほうが安全性は高いですね。

裾と袖は黒で、腹から胸、二の腕にかけてがグレーになっていて、シルバーのラインが入っています。

背面はこんな感じ。右下にイージスのロゴ入りです。

フードがついていますが、脱着可能。

バイクに乗る時は必要ないので外して使うことになるかな。

ディテール

まずは首の部分。

襟は高めなので、首の防寒性は高いです。

わかりやすいようにiPhone5Sを置いて写真を撮ってみました。

iPhone5Sよりも少し短い程度です。

ちなみにイージスの襟は・・・

同じiPhone5Sよりも若干長いです。

写真がわかりにくいですけど、これはフードの部分を横から撮ったもの。

フードにはツバが付いていて、中には硬い芯が入っています。

フードの後ろ、後頭部の部分にはマジックテープではがせるベルトが付いていて・・・

フードの深さを調節できます。

一番深くすると目の近くまで覆えるほど深くなります。

フードと襟の境目部分。

ボタン6個でつながっていて、ボタンを外せばフードなしのジャケットとして使えます。

フードを外した状態の襟を後ろから撮ったものです。

前述のとおり襟が高いので、ヘルメットを被った状態で着れば肌が露出することはないですね。

前面のファスナーは紐がついているので、グローブをはめた状態でも掴みやすくなっています。

前面の裾付近。

閉じたファスナーがテカテカしているのは、防水加工が施されているからです。

穴が2つ空いているのは、排水用の穴です。

前面の左右にはファスナー付きのポケットが付いてます。

ここのファスナーも防水加工済み。

深さもあるので二つ折り財布くらいなら入りそうです。

袖をめくると中にはリストガードが付いていて、

親指を通して着ることもできます。

通さなくても手首にフィットするので、バイクで風を受けてもめくれ上がることはないです。

背面のロゴはこんな感じ。

反射素材が使われているので、夜間でも後ろから気付かれやすいというメリットがあります。

機能

イージス同様、イージスオーシャンも防水機能は備わっています。

耐水圧は5,000mm。

イージスの耐水圧は10,000mmですから、絶対的な防水力はイージスに劣りますが、少々の雨ならば十分に耐えることができる性能です。

イージス同様、イージスオーシャンも上下セットで販売されているので、パンツが付いています。

後ろに縫い目が無いように作られているので、水の侵入や摩擦にも強い作りです。

上半身はストレッチ生地が使われているので動きやすいですよ。

着心地

イージスに比べると着心地はイージスオーシャンの方が優っているように感じます。

防水性が高いイージスは全体がシャカシャカしたカッパのような素材になっているので、どうしてもきるとゴワゴワしてしまいます。

 

でも、イージスオーシャンはグレーの部分は表面はサラサラとシットリの中間のような手触り(表現しづらい)で柔らかい素材で、ストレッチ生地になっているので、動きやすいしフィット感があるんですよね。

おわりに

イージスオーシャンの細部や機能について紹介しました。

着心地はイージスよりもイージスオーシャンの方が優っています。

イージスとイージスオーシャン、どちらも値段は上下で6,800円

どちらを買おうか迷っている方も多いと思うので、次回の記事でイージスとイージスオーシャンの比較を書く予定です。

関連キーワード
バイクの関連記事
  • 冬のバイクにはワークマンのイージスオーシャンがいい!
  • 【コラム】バイクのカスタムに関する考え
  • バイクに乗るときの安心感向上!ライディングシューズの選び方
  • 比較すれば安くなる 任意保険をケチる貧乏は車もバイクも乗るな
  • バイクの低速バランス(遅乗り)の方法を理論的に教えよう
  • バイクがパンクした!釘が刺さった時の対処法
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事