【〜125cc】メリットいっぱい!二種原付という選択肢

バイクの免許を取ったけど、公道で中型以上(普通自動二輪免許か大型二輪免許が必要)のバイクにいきなり乗るのは不安だ。

通勤、通学にバイクを使いたいけど、大きいバイクを毎朝出すのは億劫だよ。

バイクをカスタムしまくりたいけど、お金がかかるよなぁ。

 

バイクライフにまつわる悩みは多々ありますが、二種原付という選択肢を選ぶと、解決できるかもしれません。

二種原付ってなんだ?

そもそも二種原付って何なんだという話ですが。

ざっくり言うと、排気量が50cc超から125ccまでのバイクのことを言います。

街で黄色やピンクの市町村ナンバープレートをつけたバイクを見ることがあると思いますが、アレのことです。

車やバイクの種別を定める法律は道路交通法と道路運送車両法があり、道路運送車両法で「第二種原動機付自転車」と言う呼び方がされていて、通称「二種原(にしゅげん)」と呼ばれています。(50cc以下は第一種原動機付自転車)

法律の話なんかしても面白くないのでここでは詳しいことは省略しますが、排気量が50cc超から125ccまでのバイクを「二種原付」といいます。

 

↓私のスーパーカブ。

もともと50ccの一種原付でしたが、自分でピストンとシリンダーを交換して75ccの二種原付になっており、今は黄色のナンバープレートになっています。

一般的な二種原付のメリット

はじめに、一般的に言われる二種原付のメリットをご紹介。

車両価格が安い

まず、初期費用となる車両価格が安いです。

中型以上に比べると排気量や車格が小さいので当然のことですけどね。

国産の二種原付の新車価格は30万円前後です。

最近はバイクの価格が上がり、250ccでも私がバイクに乗り始めた10年前の400ccバイクと同じくらいかそれ以上の価格で売られている車種もあります。今人気のフルカウル250とかね。

 

とりあえずバイクの世界に入ってみたいと言う人には、初期費用を抑えられる二種原付という選択はアリです。

初めてのバイクなんかどうせコケますし。(私は新車で400ccを買った次の日に立ちゴケした)

維持費が安い

二種原付は維持費も圧倒的に安いです。

まず税金。

90cc以下なら2,000円、90cc超125cc以下なら2,400円です。

さらに、四輪や125cc超のバイクを持っている方ならば、その車両の任意保険の契約にファミリーバイク特約という形で二種原付の補償も付随させることができる場合が多いので、二種原付単体で保険に入るよりも保険料を抑えることができます。

道路での規制が車や中型以上のバイクと同じ

50cc以下の原付は法定速度が30km/hだったり、交差点で二段階右折をしなければならなかったり、第一通行帯を走る義務がありますが、二種原付はそれらの規制はなく、車や中型以上のバイクと同じように走れます。

二人乗りができる

多くの二種原付は二人乗りができる仕様になっていますので、後ろに人を乗せて走ることができます。

 

これらが一般的な二種原付のメリットですが、私が考える二種原付を選ぶメリットを挙げてみます。




バイク競技の基礎を学べる

車体もエンジンも小さい二種原付はライディングの練習に適しています。(公道じゃなくてクローズドでの練習の話として読んでください)

小さいバイクって限界が低いんですよ。

加速や最高速度もそうですし、ブレーキの効きも中型以上のバイクに比べると強くありません。

ということは、例えばアクセルを一気に全開にしても挙動が小さいんですね。

そして、車体自体が小さくて軽いですから、もしも転倒したとしても車体とライダー共にダメージが少なくて済みます

 

レースやモトクロス、トライアルなどのバイク競技に興味がある人は、小さいバイクから始めた方がいいと思います。

アクセルターンとかウィリーとかも、小さいバイクの方が簡単にできます。

私はスーパーカブの前輪は浮かせられますが、大型バイクではできません。

やっぱり軽さは武器で、小さいバイクで感覚やコツを掴んでから大きいバイクに移行した方が、遠回りに見えて実は近道だったりします。

小さいバイクでできないことを大きいバイクでできるわけはないですからね。

整備の基礎を学べる

二種原付は部品や装備が簡素で、部品一つ一つも小さくて軽いので整備を学ぶのにも向いています。

エンジンも構造がシンプルな単気筒なので、エンジンをバラしての整備に挑戦してみたい人の入門用としても適しています。

サービスマニュアルを持っていれば自分でいじって勉強できますよ。

 

↓フレームから下ろしたスーパーカブのエンジンです。一人で下ろしました。

エンジン自体が男なら一人で担げるくらいの重さなので、人の手を借りずに作業できました。

 

腰上だけバラしたところです。

この後シリンダーとピストンを75ccのものに交換しました。

一度自分でバラしたエンジンを組み上げて、きちんとエンジンがかかったときはかなり感動します

バラして組み上げる過程で、カムチェーンやロッカーアームがどのように付いているのかがわかり、エンジンが駆動する仕組みを理解できてかなり勉強になりましたよ。

 

もちろん整備は自己責任でお願いしますね。




カスタムベースにもオススメ

二種原付は車体が小さい分、社外パーツも安いです。

マフラー一つ取っても、大型バイクのマフラーなんかは何十万円もするものがありますけど、二種原付のマフラーは高くても数万円。

 

カスタムベースとして人気のモンキーやゴリラは50ccですが、ボアアップキットを使って比較的簡単に排気量を上げられます。

カスタムパーツも豊富なので、二種原付のメリットを享受しつつ、少ない予算でも盆栽を楽しめると思いますよ。

昔エイプに乗っていた友人はエイプ用のマフラーを何本か持っていて、気分次第で時々付け替えていました。

セカンドバイクとして増車する手も

2台目のバイクを持ちたいと考えている人にも維持費が安い二種原付はオススメです。

例えば大型のスーパースポーツを持っているけど、通勤は荷物が積めて運転がしやすいバイクがいいならば二種原付のスクーターを買うとか。(私のことです)

400ネイキッドに乗っているけど、オフロードも走ってみたいから二種原付のオフ車を買うとか。

バイクスタントをやってみたいけど、練習でメインのバイクがボロボロになるのは嫌だから中古の二種原付で練習するとか。

 

セカンドバイクを考えているならば、特に維持費ほ面で二種原付という選択肢は有力な候補になってきます。

SSとスクーター、ネイキッドとオフ車みたいに、用途や性格の違うバイクを同時に所有していると、バイクの楽しみの幅が広がります。

関連キーワード
バイクの関連記事
  • プラスドライバーの紹介と、ネジを潰さない正しい使い方
  • 【コラム】エイプ50から始まるバイク沼
  • 初めてのバイクは新車を買うべき2つの理由
  • バイクに乗るときの安心感向上!ライディングシューズの選び方
  • 大型バイクでゆるキャン△ キャンプツーリング道具の選び方と買ったもの
  • バイクは下半身で乗れ!ニーグリップのコツを教えるよ
バイクの任意保険が安くなる!?

バイクに乗るならば、絶対に任意保険に入りましょう。もしもの事故の時、任意保険に入っていなければ大変なことになります。
でも、保険料って高いですよね。
賢いライダーは保険料を比較します比較すれば、 保険料が1万円以上安くなる こともあります。
詳しくは下のボタンから。

おすすめの記事
100均でできる!木目調塗装の方法
DIY
車のインパネなんかで木目調のものがあるじゃないですか。 オプションで選択できたり、社外品のパーツとして売られていたりしますが、結構なお値段が...